期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

スキャルの鉄板パターンで29pips・事例紹介

今日のこれまでのトレードは私なりの「スキャル鉄板パターン」で29pipsの利益です。

まだ時間はあるので、ロンドン終了まではやりますが
とりあえず29pipsの利益は出てるのでありがたいです。

で、そのスキャル鉄板パターンの事例を簡単に解説しますね。


●管理人からのささやかなお願いです。ブログランキングに参加してますので、
 下記リンクを一回クリックしていただけるとありがたいです♪
 ブログ更新の励みになります(^^  参考になるブログがたくさんありますよ

にほんブログ村 FX
 現在何位?

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m本当に感謝です♪ありがとう!


さて、その鉄板パターンの事例ですがチャートをご覧ください。
8月18日 スキャル

チャートは⇒FXブロードネット

▼①②③とエントリーポイントがあります。

この考え方は簡単で、白のサポートラインがあると思いますが
そこを抜けたところをエントリーポイントとしています。

一度大きく下げたあとに戻りがあって、その戻りの上でサポートラインを引き、
そこを抜けたらエントリーです。

①②③とありますが、
いずれも各サポートラインを割ったところから下落しています。

もちろん、20EMAの傾き・12EMAとのクロスの関係等も関係しますが
サポートを抜けたところでブレイクするので、そこを狙います。

▼まず①ですが、ここはエントリーしていません。
12EMAと20EMAがクロスしてなかったのと
ローソク足が70EMAの上だったので、とりあえず様子見。

①のブレイクの状況を見て、70EMAを一度は抜けてサポートされたのを見て
次は70EMAを抜けると解釈。

▼次の②のポイントは70EMAの下にローソク足が来ていたのと
20EMAに頭を抑えられたので、もう一度ブレイクしたときに下げると思い
サポートラインを抜けたところでエントリーし、200EMAを抜けないのを確認して決済。

②のエントリーで9pipsゲット。

スポンサーリンク

▼②のエントリー後、戻りがありましたが
その戻りによって20EMAが70EMAをクロスしなかったのでまだ売り有利と判断。

サポートラインを再度引いて、ブレイクしたタイミング③でエントリー。

ココは指標の発表等もあったので、なが~い陰線がでて、
200EMA付近で一度勢いが止まりましたが、
勢いがあった下げだったので、すぐに200EMAを抜けたので
ストップ等を巻き込んで勢いのある下げになると判断し、
ヒゲが出るまでホールドして、ヒゲが出て、この足が引けたところで決済。

③のエントリーは20pipsの利益でした。

合計、29pipsの利益。

両方あわせてもホールドしていた時間は15分程度でしょうか。

このようなパターンが私のスキャル鉄板パターンです。

もちろん、思い通りにならずに損切りすることもありますが
このパターンの勝率はかなり高いです。

こういったブレイク狙いでも、20pips以上取れるので
あとは枚数を増やせば、リスクを軽減して結構な金額を取れますよ。

理想は、20~30pips程度を数分~数十分で取って
枚数を50枚とかでやりたいですね。

ロンドンタイム終了まであと少し。

もう一稼ぎ、楽しみましょう!

私と同じようにスキャルとデイの両方をやるならFXフロードネットがオススメ!
ドル円のスプレッド0.5銭ですが、他のクロス円やユーロドルもスプレッドが小さいのが注目すべき点。

ユーロドルのスプレッドが0.5pips~なのは嬉しいですね。
ちなみに、5000円のキャッシュバックキャンペーンはハードル低いのでオススメです!
詳しくは公式HPで⇒FXブロードネット

オススメ口座にクリック証券FXを追加です。

クリック証券FXはスプレッドが注目されがちですが、
それ以上に注目したいのが注文機能。

クリック証券のはっちゅう君は損小利大には欠かせない損切りの逆指値が入れやすいです。

是非試していただきたい機能です。
詳しくは⇒クリック証券FX
クリック証券

スポンサーリンク

One Response to “スキャルの鉄板パターンで29pips・事例紹介”

  1. 丸尾 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    楽しいブログですね。

    ランキングのアイコンはポチと押しておきました。
    また来ます!

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ