期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

MACDを1分足で使う時のパラメーター設定

MACDの質問はとてもたくさんいただきます。

その中でも多いのが、

1分足でMACDを使う時のパラメーター設定

についてです。

今回は、1分足でMACDを使う時のパラメーター設定について書いてみます。

1分足でMACDを使う目的は大きく分けて2つあると思います。

・エントリーのシグナルとして
・大きな流れの確認

これをさらに細分化してみます。

エントリーのシグナルとして使う場合は目的がハッキリしていますね。

・スキャルのエントリーのタイミングを図るため

です。

流れの確認としては

・1分足の流れの確認
・1分足以上の足の流れの確認

になるかと思います。

で、これら3つのケースがあげられると思うんですね。

なので、これら3つのケースごとにパラメーター設定は変わってくると思います。

エントリーのタイミングを図る目的であれば、
自分がどこでエントリーをしたいのか?を探して、
そのエントリーしたい所でMACDがシグナルを出すように
パラメーターを変えていくのが最もシンプルです。

スポンサーリンク

この場合、毎日変える必要があります。

例えば、MACDは 12・26・9という設定が一般的に使われています。

これをベースとして、自分がエントリーしたいところを直前のチャートから探して、そこにフィットするようにパラメーターを設定します。

例えば、12・26・9 で表示するとこんな感じなのですが
1
チャートは⇒FXプライムのプライムナビゲーター

黄色の丸でエントリーしたいと考えたとします。
2
チャートは⇒FXプライムのプライムナビゲーター

そしたら、こんな感じで
3
チャートは⇒FXプライムのプライムナビゲーター

希望した所でシグナルを出すように、設定を行うのが良いでしょう。

これを毎日のルーティーンとして行えばいいのです。

これが面倒なので、パラメーターを一定にして、同じパラメーターで稼働させて、そのパラメーターが示すシグナルが一番機能する箇所を、ほかのテクニカルでフィルタリングを行い、パターン化させ、検証し、開発するのが、トレード手法です。


ちなみに、今回はFXプライムのプライムナビゲーターを使っています。

プライムナビゲーターは各テクニカルのシグナルを矢印で表示してくれる機能が搭載されています。

一目均衡表などでも、表示してくれます。

MT4を使わなくても簡単にできるのでオススメです。

口座開設は⇒FXプライム


一方、方向性を確認したいという目的はどうでしょう?

1分足の流れを定義したいという事であれば、自分で何かしらの意味を持ったパラメーターを設定しておけばよいでしょう。

先ほども書きましたが、一般的なMACDのパラメーターは12・26・9です。

が、1分足で考えると

12 は 12分間
26 は 26分間

これらの足をカウントして、9というシグナルをあてはめているという事になります。(カウントする本数=時間=パラメーターと考えてみると、パラメーターを考えやすくなります)

この12分間とか26分間とかが腑に落ちないのであれば、自分が腑に落ちる本数=時間を考えてみればよいのです。

例えば、15分間 と 60分間 をベースとして、5でシグナルを出そうと思った場合、パラメーターは、

15・60・5 となります。
5
チャートは⇒FXプライムのプライムナビゲーター

これで、方向性を見るという風に定義します。

ちなみに、このパラメーターだとこんな感じ。
4
チャートは⇒FXプライムのプライムナビゲーター

で、このパラメーターで方向性を確認して、何かしらのシグナルを設定してエントリーをするという使い方になるかと思います。

例えば、ストキャスティクスのシグナルとか。

6
チャートは⇒FXプライムのプライムナビゲーター

この場合は、MACDで方向性を確認して、MACDが示す方向に、ストキャスがシグナルを出したらエントリーというルールになります。

もっと長い期間の方向性を見たかったら、

60(1時間)・240(4時間)・15などといったパラメーターにして、方向性を定義するとか。


8
チャートは⇒FXプライムのプライムナビゲーター

9
チャートは⇒FXプライムのプライムナビゲーター

こんな感じで、パラメーターを設定できます。


■まとめます

1分足でMACDを使う場合、どういった目的を持ってMACDを使うのか?をまずは考えます。

その次に、1分足は 本数=時間 というのが考えやすいので、時間を自分で定義してパラメーターを設定します。

こういった感じで、パラメーターを設定してみてはいかがでしょうか?

これ、かなり面倒ですが、何度も何度も繰り返しやることで、自分に合ったパラメーターが出てくるので、なかなか良いパラメーターが見つからないという事であればやってみる価値はあります。

長文でしたが、何かの参考になれば幸いです。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

当ブログ限定キャンペーン


こちらからの口座開設で、当ブログ限定【特別キャッシュバック詳しくは⇒LION FXとタイアップ開始LION FX

アイネットFX こちらからのの口座開設で、一目均衡表のバイブルである【一目均衡表の研究】をプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX

こちらからの口座開設で、私が書いた勝率を上げるフィルタリングについて書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!※詳細はこちら⇒FXブロードネット【参考】⇒FXTSと当ブログだけの限定企画!

※←のバナーからの口座開設で、私が書いたレポート【かずえモン的MACDの活用方法】をプレゼント!詳しくは⇒為替ライフとタイアップ為替ライフ×かずえモン・限定ページはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

ビットコインならJ-BITS

200x200
ビットコインならJBITSがオススメです。先駆者利益を出すには、今すぐ取り組むべき。私も取り組んでいます。

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ