期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

DMI(FXテクニカル)を使う時の注意点

DMI 何度も当ブログに出てきているテクニカルですね。

正確には、ADX/DMIとして当ブログで扱っています。

ADX/DMIについての記事は相当数の記事数になりましたが
それだけ私が信頼しているテクニカルということになります。

さて、ADX/DMIは当ブログでも書いているように
一般的にはADXが注目され、意識もADXに行くと思います。

ですが、スキャルピングにおいては、
DMIもキッチリ見ていかないといけません。

その点について今回は書いていきます

その前に・・・管理人からのお願いです。

不正なしでブログランキングに参加してます!

応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!

DMIで注目すべきなのは、ズバリ反対側のDIなんです。

予め書いておきますが、
今回の記事は
「スキャルで少しでも早くエントリーをするためにみるべきDI」
というウラテーマがあります。

スキャルよりも少し長い時間ポジションを保持する
デイトレではADXがメインとなると思います。

又、フィルタリングとして使うにはやはりADXが主体となるかと。

今回は、スキャルピングでエントリーに使う時のDMIです。

で、先ほども書いたように
注目すべきなのは、反対側のDIです。

スポンサーリンク

つまり、上昇局面においては

+DIが -DIよりも上に位置している

のが基本。

下落局面においては、

-DIが +DIよりも上に位置している

のが基本。

で、先ほどから書いている「反対側のDI」ってのは、

上昇局面なら -DI
下落局面なら +DI

を見ましょうってことです。

こちらをご覧ください。本日のドル円5分足です。
DMI
チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル

ご覧いただくと分かるように
右端の四角で囲ってある部分を見ると
 -DI が下向きですね?

これがポイント。

ADX・DMIでエントリーを試みる場合、
上昇局面においては、
-DIがこうなっていることが最低条件です。

ただし、コレだけを見てエントリーするのは
ちょっと心もとない。

そこで、違う時間足のADX・DMIを見るわけですが
それは次回以降、書いてみます。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

ビットコインならJ-BITS

200x200
ビットコインならJBITSがオススメです。先駆者利益を出すには、今すぐ取り組むべき。私も取り組んでいます。

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ