期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

押し目買い・戻り売りをしやすい時間帯

押し目買いと戻り売りはトレードの基本中の基本

特に、順張りを主なトレードスタイルにしている場合、
押し目買いと戻り売りは必須ですね。

さて、その押し目買いと戻り売りですが
重要なのはタイミング。

今回は、押し目買いと戻り売りがやりやすい時間帯
私なりに設定しているというか
意識しているのでそのあたりのことを書いてみます。


その前に・・・管理人からのお願いです。
ブログランキングに参加してますので、下記リンクをクリックし、
応援していただけると嬉しいです♪ブログ更新の励みになるので^^ (全て別窓で開きます)
■ にほんブログ村 FX スキャルピング派  ランキング下落・・・
■ エンジュク投資ブロガーズ
■ FX人気ブログランキング           
■ FC2ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!本当に感謝です♪
アナタのクリックがブログ更新の励みになります!


押し目買いと戻り売りをするには
ある条件が必要となります。

それは・・・

トレンドができていること

トレンドは短期的なものでもいいし
中長期的なものでもいい。

押し目買い・戻り売りは
トレンドができていないと成立しません。

レンジの状態でも
押し目買い・戻り売りに近いことはできるけど
決して効率は良くない。

又、レンジの時にそれをやると
逆張りで入るべき箇所で順張りをしてしまう
ケースも多々あるわけです。

となると、やはりトレンドができてるほうが
やりやすいと言えます。

さて、トレンドができやすい時間帯と言えば
どの時間帯でしょう?

一日という単位で見た場合、
ロンドンタイム直前からニューヨークタイムのスタート
までが発生しやすいと思われます。

スポンサーリンク

こちらが今日のユーロドル15分足に
鉄板マスタートレンドのインジケーターを追加した
チャートです

15分足
チャートはFXトレード・フィナンシャル

これを見てもわかるように、
流れはロンドンタイムスタート直前あたりから
トレンドがスタートしています。

で、ニューヨークタイムが始まると
レンジ気味やちゃぶつきが発生しています

となると、押し目買い・戻り売りをしやすい
時間帯としては、

ロンドンタイムがスタートする時間から
ニューヨークタイムがスタートするまで

と考えてもよさそうです。

これは
スキャルピングとしての押し目買い・戻り売り
なので
保有する時間が長いトレードになると話は別だと思います。

例えば、一撃必殺!鉄板マスタートレンドの手法とかだと
この話とは別になるかと。

順張りのスキャルピングとして考えると
ロンドンタイムスタートの時間帯あたりから
ニューヨークタイムスタートあたりまでで考えると
順張りスキャルはしやすいかと。

反対に、逆張りで考えるとしたら
ニューーヨークタイムのほうがやりやすいのかもしれません。

確かに、私が逆張りで勝てている時間帯は
ニューヨークタイムが多いです。

何かの参考になりましたら、幸いです^^

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ


FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!

ビットコインならJ-BITS

200x200
ビットコインならJBITSがオススメです。先駆者利益を出すには、今すぐ取り組むべき。私も取り組んでいます。

Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ