期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

ドル円のトレード・エントリーと決済・成功と失敗

アメリカの指標発表が21:15に発表されたあと、
下落トレンドが発生しましたね。

その波に何とか乗れたのですが、
今回は成功と失敗、そして、確認と反省すべき点があったので
書いてみたいと思います。

07025.jpg
チャート⇒【FX ZERO】短期売買向けFX会社で人気急上昇中!

まずは、初めのエントリーポイントですが
ラインを引き間違えたのでエントリーが遅れてしまいました。

指標発表の時間を忘れてしまったせいで、
エントリーの目安となるラインを引き間違えたのと、
一時間足に20EMAのサポートが95.58付近にあったことを
チェックし忘れたので、結果的に、サポート付近でエントリーしてしまいました。

その結果、一回目のエントリーは7pipsの損切りをしました。

結果的には損切りをしなくてもよかったのかもしれませんが、
自分が思い描いていたストーリーとは違ったので
損切りを行いました。

次ですが、12EMAもしくは20EMAがレジスタンスになれば
再度下げて、96.59まで下げて、そこを抜けられれば
96.46付近まで下げる可能性があると考え
12EMAで上値を抑えられたあと、下げるのを確認してエントリーしました。

95.46の手前で決済をし、18pipsの利益となりました。

今日は反省すべきトレードでした。

いつもチェックしてメモしてる経済指標の発表の時間帯を
見落としてたのが一番まずかったですね。

今日のトレードの唯一良い点は、
経済指標の発表の時間(21:15)にポジションを持ってなかった点です。

やはり、毎日行っている経済指標の発表の時間帯のチェックと
メモと把握が大切だなと、痛感しました。

今日は反省すべきトレードでしたが、これを反省材料として
今後に活かしたいと思います。

それと、ひまわり証券で現在、期間限定で売買シグナルを無料で配信しています。

スポンサーリンク

シグナルは「TOPSCOLA Forex(トップスコーラ・フォレックス)」という
システムトレードで有名な会社がシグナルを配信してくれます。

『TOPSCOLA Forex』は、過去のデータを分析し、
その分析に基づいて作成された136種類の売買シグナルを
公開するサービスを行ってます。

売買シグナルはパソコン・携帯メールへ配信することが可能。
このシグナルどおりにトレードすればいいだけ。

このサービスは期間限定で8月31日まで。

この売買シグナルはトップスコーラですと
通常は月額9800円で会員登録をしなくてはいけないのですが
8月31日まではひまわり証券で無料で配信してくれます

詳細は⇒ひまわり証券 マージンFX

私も早速申し込んあります。

自分のトレードスタイル(時間帯・目標利益など)に応じた
シグナルを配信してくれるので、イマイチトレードに自信がない方にも
非常に有益だと思います。

是非活用してみてください。

詳細は⇒ひまわり証券 マージンFX
最短2日で簡単にオンライン口座開設


為替レート

そういえば、ひまわり証券は8月下旬に高機能なトレードツールを発表するそうです。
個人的にかなり期待しています。
ひまわり証券はFXのパイオニアなので、今後のサービスに期待です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ