期間限定!
かずえモンFXブログだけの特別企画
fxtftie-up
FXトレード・フィナンシャルで特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼント! MT4を使った裁量トレードをするならココ!MT4なのにスプレッドが狭い!独自の注文ツールやオリジナルインジケーターも配布していて重宝しています!今なら期間限定で当ブログ限定の上乗せ特別キャッシュバック&トレード手法レポートプレゼントキャンペーン実施中詳しくはこちら⇒FXトレード・フィナンシャル
こちらからの口座開設で、当ブログ限定の【特別キャッシュバック】実施中!口座開設はこちらから⇒LION FX
アイネットFX
こちらからのの口座開設で、一目均衡表をマスターする上で必須の書籍【一目均衡表ベーシックマスターブック】を期間限定でプレゼント!詳しくは⇒アイネットFX
こちらからの口座開設で、私が実践してる【勝率を上げるフィルタリング】について書かせて頂いた特別レポートをプレゼント!詳細はこちら⇒FXブロードネット
スポンサーリンク

平均足と20EMAを使ったトレード手法

現在、レンジ気味になってるので、今日はお約束の友人の手法を紹介します。

やり方は、簡単です。

平均足と20EMAと12EMAを使うだけだそうです。
(EMAは私が紹介しました)

では具体的なトレード方法を。

まず、見る足は5分足のみで、
平均足が陰線か陽線のどちらにあるのかをチェックし、
陽線ならば買いで入る準備・陰線ならば売りで入る準備をします。

次に、20EMAと12EMAのゴールデンクロスとデッドクロスを確認します。

平均足の陽線とゴールデンクロスor平均足の陰線とデッドクロスのセット
が完成した時点でエントリー。
h5
チャート⇒FXブロードネット(当ブログ限定企画実施中・詳しくはこちら

平均足に長い上ヒゲor下ヒゲが出た時点で決済。

20EMAの上に12EMAが乗ってる状態ならば、もう一度エントリーすることもあるとか。

損切りは平均足が20EMAを下抜いたら即損切り。
h6
チャート⇒FXブロードネット(当ブログ限定企画実施中・詳しくはこちら

それだけだそうです(^^;  すごくシンプルですよね。

ちなみに、平均足を使ったロジックで有名なのが
デイトレンドFX

デイトレンドFXの手法は、
この手法よりもしっかりとしたルール(エントリー・損切・決済)が学べます。

実際このトレード手法を行って、
1日3~5時間程度のトレードで20~50pipsを稼ぐそうです。
(通貨は特に決めてないそうで、
クロス円が中心でドル円・ユーロ円・ポンド円・ユーロドルがトレード回数は多いみたいです)

まずは1枚でエントリーして、
押し目などが確認できたら枚数を増やすみたい。
(押し目の判断はちょっと感覚的な部分があったので
再度詳しく聞いてみます)

スポンサーリンク

この手法を聞いたときには、びっくりしました。

成績もいいし、
トレード手法はシンプルなので私もかなり参考になりました。

がしかし、友人いわく、
この手法には欠点があるらしく金額は小さいけど
損切りの回数が多くなるとのこと。

でも、「小さい損切りなら喜んで損切りする」だそうです。

なぜ、損切りの回数が多くなるのかというと、友人いわく、
私のようにトレンドラインを引いてトレンド発生
(ダウ理論によるブレイクアウトなど)を確認してからエントリーを行わなずに、
数勝負でエントリーをするのでどうしても損切りが多くなるのだそうです。

しかし、20EMAを下抜いたら損切りというルールに徹してるので
損切りの金額はそれほど多くないそうです。

ゴールデンクロスを意識してエントリーしているので
20EMAを下抜いたらら損切りというルールで
平均して2~10pipsくらいの損切りになるようです。

かなりシンプルなので、今後のトレードの参考になさってみてください。

友人はFXブロードネットでトレードしているようです。

どうしてもトレードがスキャルになるのでスプレッドが気になるとのことで
平均足も使えてスプレッドが小さい(ドル円0.5~)FXブロードネットにしているそうです。

各スプレッドは公式HPで確認してみてください(^^
FXブロードネット(期間限定でレポートプレゼント中・詳しくはこちら・スプレッド0.5銭~・レバレッジ400倍)

5000円のキャッシュバックキャンペーン実施中です。

彼は元々平均足と一目均衡表とMACDとストキャスティクスを使ってトレードしていました。

がしかし、損失がかさんだことから、
トレード手法を一度シンプルにしようとのことで
なんと!平均足だけで一時期はトレードしてたのです。

それでも、1日に10pipsは取れてたそうで、
枚数を増やして利益を伸ばしてたとか。

でも、やっぱり利小損大になってたそうで色々と考えた結果
今回の平均足とEMAのトレードになったそうです。

ちなみに、EMAを使う前は単純移動平均線を使ってたみたいですが
EMAのほうがわかりやすいとの事でEMAを使ってます。

EMAは私が紹介しました♪

友人にも「ブログやってみたら?」って言ったら興味があるとのことなので
近いうちに友人のブログが立ち上がると思います(^^

今回の記事が参考になりましたら、クリックお願いいたします♪
ブログ更新の励みになります(^^

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 FX 現在7位♪
FX人気ブログランキング ←の4位のブログはいつも盛り上がってますね♪

現在7位です!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
本当に感謝です♪ありがとう!


スポンサーリンク

3 Responses to “平均足と20EMAを使ったトレード手法”

  1. Gretchen より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつもこのブログを参考にさせて戴き自身試行錯誤を重ねた上でのルールです少し長いですが投稿させて戴きます
    □トレードを始める前に
    ◇トレードに感情を入れないためにこのルールを確立し厳守する
    ◇当日の指標発表・要人発言時間を確認しトレードを控える
    □トレードをFXNoteに記録する
    □画面設定 2画面各4面1,5,15,60分
    1 MACD 1,5分21-55、15,60分13-21
    2 12,20EMAとCCIを表示
    ボリンジャーバンド±2
    エンベロープ1分0.1、5分0.2 15,60分直近の値幅で設定
    各足の12.20EMA,MACD,CCIの傾き&クロスによりエントリー

    □15,60分足でトレンド確認
    デイトレとしては支えになりますが
    スキャルでは誤った先入観となる恐れあり

    □1,5分足でエントリーする
    エンベロープ&ボリンジャーバンドの
    反転を確認した上での底からの買い、天からの売り
    -2→M,M→+2,-2→+2 及びその逆トレード
    ◆汐目が変わったときに損失を出す可能性
    □エントリー・エグジット時5分の平均足の色を確認
    ◆今の動きが-2→M,M→-2か-2→+2の判断が困難
    ◆このエントリーでは既にトレンドが発生し
     ずっと+2or-2に絡んで上がり、下がっている時には手が出せない
     さらなる条件設定をしてエントリーする環境を整えることが課題
    ◆エンベロープ&ボリンジャーバンドの
    トレンド確認の一方向か双方向でエントリーするかは課題
    今の私の相場勘では一方向に絞るべきか

    ◇デイトレもどきエントリー
    相場の1/3はトレンド発生による動き
    小さな値動きに堪え50p前後の値幅を目指す
    一定の値幅を摂った後トレール決済も
    トレンド発生を待つだけでは時間の浪費
    ◇スキャルもどきエントリー
    相場の2/3は15~30pほどのボックス相場5~10p前後を掬う

    ■エントリー後 逆行した場合
    *浅めの損切・・・損切幅の難しさ、損切貧乏の可能性
    *両建て・・・損失確定、両取り、往復ビンタの可能性
    *一定の条件での難平・・・1分での逆サインがリミット

     2/3は成功しますが1/3は火傷を負う可能性

  2. まゆき より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    平均足と20EMAを使ったトレード手法

    ですが、 リミットは いくらくらいが
    妥当でしょぅか?
    損切りは 20EMAを下抜いたら損切りとみたいですが この損切りだと
    2~10ピプスのマイナスですむ。
    と 解釈してよいでしょうか?

    損切りが頻繁でも 損小利大ならいいですね☆
    リミットの値にもよりますかね(●^o^●)

    すみません。こちらの業者の口座を持ってなくて 過去の検証ができません。
    先ほど こちらのサイトより FXブロードネットさんの口座を開設したところです。
    開設できたら この手法を早速実践したいです。

  3. FX長者:かずエモン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まゆきさん

    コメントありがとうございます^^

    > ですが、 リミットは いくらくらいが
    > 妥当でしょぅか?

    リミットは10pips程度にしています。
    通貨ペアにもよりますが、ドル円の場合は10pipsが一つの目安、
    ユーロドルは20pipsが一つの目安となっています。

    > 損切りは 20EMAを下抜いたら損切りとみたいですが この損切りだと
    > 2~10ピプスのマイナスですむ。
    > と 解釈してよいでしょうか?

    はい、そのケースが多いです。

    私は損切りはマックスで20pipsとしているので
    逆に言うと、20EMAから20pips離れた位置での
    エントリーを避けております。

    > 損切りが頻繁でも 損小利大ならいいですね☆
    > リミットの値にもよりますかね(●^o^●)

    そうなんですよね^^;

    リミットの値にもよりますね。

    後はトレードチャンスですね。

    トレードチャンスが多ければ、損切りが多くても
    損小利大になりますが、この手法の場合
    トレードチャンスが多いとはいえないので
    リミット・ストップの調整が肝になるかと。

    やはり、トレードチャンスが少ない中で
    損小利大にするには、損切りの値幅をなるべく小さくすることが
    要になるかと思います。

    ですので、損切りのみトレールにするのもよいかと。

    今、私はそのようにしております。

    そのあたり記事にしてみますね^^

    > すみません。こちらの業者の口座を持ってなくて 過去の検証ができません。
    > 先ほど こちらのサイトより FXブロードネットさんの口座を開設したところです。
    > 開設できたら この手法を早速実践したいです。

    是非、試してみてください。

    そして、発見がありましたら
    コメントでもメールでもいいので教えてください(笑

    やはり私だけですと盲点があると思いますので^^

    今後ともよろしくお願いいたします!

コメントを残す

サブコンテンツ

FXTFで手法レポートプレゼント


FXTFで既存のタイアップに加えて、私が現在メインにしてる【トレード手法】を書いたレポートをプレゼントしています!期間限定なのでお早めに!

FXで板情報が見れるのはココだけ

FX版の板を使えば後出しジャンケン的なトレードが可能に!


Twitterやってます

Facebookやってます

カテゴリー

このページの先頭へ